秋の研究会

私たちの目標は、音が良くて、弾きやすく、美しく、かつ、楽器としての実用性を備えたバイオリンを作ることです。
研究活動の目的は、音が良くて、弾きやすいバイオリンを作るための、高度な製作技術の追求と考えます。
より良いバイオリン製作を目指し、毎年秋に製作研究会を開催しています。


秋の研究会 2015 レポート

秋の研究会 2015 レポート


日本バイオリン製作研究会
2013年10月31日 於:TKP東京駅前カンファレンスセンター

弦の選択 〜 E線の音色

 

春の展示会に於けるショーカードの集計結果から当該楽器に使用されている弦の組み合わせについて検証してみた。現時点では既に交換されている事も有り、今回持ち寄った楽器について行った。奏者としてアンサンブル団体で活動されているアマチュア奏者、風間美保子さんに協力して頂いた。 持ち寄った楽器5台にどんな弦が張られているか作者に発言をもらった。
  (*各楽器の弦については下段参照)
  楽器の仕上がり具合に併せて音質の調整を試みた。---パワー
  個性的な音色を求めた。---パワー、派手さ,柔らかさ等
  標準的な弦として選んだ---ドミナント

弦⇩/楽器⇨ A B C D E
G ドミナント ドミナント オリーブ ドミナント ビジョン
D ドミナント ドミナント オリーブ ドミナント ビジョン
A ドミナント ドミナント エヴァ ドミナント ビジョン
E ヒル ドミナント ゴールドブラカット0.27 ゴールドブラカット0.26 ウエストミンスター

次に特にE線についての考察を行った  E線の効果については銘柄による音色の違いがはっきり出易いのは事実で有るが,多様性故に選定を誤ると他の3弦間のバランス面で問題を生ずる事も有ると想定し、実奏で確認をしてみた(共通曲とE線のみの試奏)。  他の弦とのバランスが良いとする人の数を採った。  次にE線のみの音が良いとする人の数を採った。   結果は以下の通りであった。   (5台の楽器については以下の通り)

E線についての考察 A B C D E
バランス 10 3 5 6 11
Eのみ - 1 8 8 11
総合 10 4 13 14 22

 

ちなみにABCDは2013〜2015の新作、Eは使い込まれて いるもののラベルからドイツの量産品クラスと思われる。   楽器Eの総合点が良かった事の意味する所は   ⭐︎パワーや派手さがかえってバランスを崩す事もあるのか   ⭐︎楽器の個性(キャラクター)を弦で矯正しようとしていないか   ⭐︎比較の基準に少なくとも3本は標準弦の指定をすべきか

 

本来弦の選定は製作者、奏者の自由であるべきですが、今回の実験で弦の組み合わせについては慎重且つ吟味した選定を奨めたい。
今回では金メッキ線の実奏が出来なかったのが残念であった。

発表

   横板薄削り効率的方法
和田常行氏
スプレーのりを使用した板材の固定と切削方向の自由度について及び指板の外し易いネック側加工の実例を写真数枚で解説した。

質疑応答1

  Q E線の駒への食い込み対策は有りますか? 平田教次氏
A1 瞬間接着剤で埋める。
A2 刃物を使わず角の丸いもの(例10円玉)で凹ます。
A3 V字象眼や革やシートの張り方
A4 保護パイプはついていても良いが半分くらいの長さで

質疑応答2

  Q  ニスの縮みとSpiderCracksの発生で苦戦。原因は?上田政博氏
A1 色ニスと上塗りの間で起っていると思う。メーカー同じでも同質とは限らない。a)上塗りせずとも色ニスで十分仕上がる。
A2 夏季に見えなくなれば問題はないが  a)上塗りは塗りっぱなしでよい。
上記以外にも参加各氏の経験と知恵が披露され、製作に対する熱意が良く伝わった。 




秋の研究会 2014 レポート

秋の研究会 2014 レポート


日本バイオリン製作研究会
2014年11月01日 於:TKP東京駅前カンファレンスセンター

コンテンツの制作中につき、秋の研究会の画像のみを掲載しています。本文掲載までしばらくお待ちください。




秋の研究会 2013 レポート

秋の研究会 2013 レポート


日本バイオリン製作研究会
2013年11月02日 於:TKP東京駅前カンファレンスセンター
参加者:会員: 38名 奏者: 三澤裕美子さん(試奏、解説)

今回は「春の展示会」にておなじみのVn奏者、三澤裕美子さんに参加をお願いし展示会で音色評価の高かった6本のヴァイオリンの試奏とその感想を
頂くことができました。
それぞれの個性や特徴を見いだしてお話をしてくださったので、今後の参考として多いに役立てることができるのではという印象を受けました。


進行と質疑の内容


• 会長挨拶 : 次回春の展示会の日程(5/17、18)と新入会員の紹介と挨拶
• 春の展示会「音の調査」集計結果について(和田氏):
展示会での会員アンケート集計表の説明と今回持ち込み楽器の選定法説明と三澤さんによる試奏、感想と質疑
• 三澤さんの楽器について胴長や各バウツ幅、アーチや横板の高さ等を計測し、その楽器を参考値として コメントや質疑応答が交わされました。
• 6台の参考楽器の詳細な寸法表を用意し音と弾き易さの違いを議論した。
• 各楽器の設計上のポイントを製作者に述べてもらいました。
• 三澤さんの楽器も計測し参考値として比較に用いた。
※1921年 Candi作 使用弦:ゴールドブラカット(E);ドミナント(他)

試奏とコメント (編集の都合上、奏者の感想のみ記載していますことをご了承ください)

1. 佐藤康夫氏製作  
・艶やかな音E線が艶やか(乾いているが潤っている)・バランスが良い・明るい、こもってない、違いは感じる  
・ネックの太さは手に感じるが、この楽器は違和感がなかった・高音は弾きやすかった
2. 上野八太郎氏製作  
・音色はマイルド・A線が音の反応が良いと思った・駒上の弦間の幅が広い(D→Aに行くとき時間が掛かる)  
・カーブが急
3. 柳 和宏氏製作  
・弾きやすい・E線の高音がクリヤーと思った・G線、少しこもった感じ・作り立てでない感じ
4. 河村盛介氏製作  
・全体にバランス良い・A、Dが裏返りそうな感じ(E線はよい)・整っている感じがする・軽い
5. 佐上浩三氏製作  
・D線に少し違和感がある・小ぶりなので弾きやすいが、自分のと違うのでちょっと違和感がある。  
・シックな音(品がある)
6. 増毛順治氏製作
・全体に優しい・E線の高音はキラキラした感じ・重い感じ
・ 最後に三澤さんの弾き易いと感じた楽器の計測を行いました。(河村氏と柳氏の楽器)

会の運営について

• 秋の研究会については音を出す必要性を再認識したと同時に、「基本」というテーマの設定について 良いご意見がでました。
• 回収したアンケートの内容は貴重なご意見が多く、項目別データベース化して今後の運営に生かします。

ビヤ・ブレークと材料等交換会

• 会場内ではありましたが簡単なおつまみを片手にビールで乾杯しました。ここでは会員同士の歓談で盛り上がり、
次回展示会への意気込みに溢れました。
• 材料等交換会では6名の会員から木材をはじめ駒などの部品製作用具工具がたくさん出品され、熱の入った交換会となった。

戻る